午後7時頃、続々と集まってくる辺野古青年会。

毎年、旧暦の12月13日に行われる辺野古の防火祈願「ピーゲーシ」

辺野古では大正時代、大火災があり、その翌年から、この時期に火の用心を呼び掛けています。

青年会が集落を回っていると地元の住民が出てきました。

地元住民「覚悟しとけよ!めいいっぱいかけてやるからな!」「水をかけます!」

実はここからがピーゲーシの本番。この後、青年たちが集落を駆け抜けるときに、彼らめがけて水を掛けるということなんです。

待ち構える住民は準備万端。毎年、「ピーゲーシ」を心待ちにしている住民も多いといいます。

そのころ、青年会はというと集落を回り終え、神アサギの前で手を合わせていました。

それが終わると…

青年会長「行きますよ!ホーハイ!ホーハイ!」

青年会員の「ホーハイ」という掛け声のもと、集落の中を駆け抜けていきます。この先は、水を持って待ち構えている住民がたくさんいるエリアです。

駆け抜ける青年会員は「火の霊」。それを水で消すことで、今年1年、火事が起きないことを祈願します。
この日の最低気温は13℃。風もあり、かなり寒いです。

「今年一年火事が起きないように。」

水をかける住民。かけられる青年会。

辺野古で大正時代から行われている防火祈願「ピーゲーシ」は、地域一体となって盛り上がる伝統行事で、そこには住民同士の深い絆がありました。